Perkins,M.E.(英語表記)PerkinsME

世界大百科事典内のPerkins,M.E.の言及

【ウルフ】より

…グッゲンハイム奨学金を得て30年に渡欧,翌年には帰国してブルックリンに住み創作に没頭する。短編を書くことで経済的窮迫をしのぎながら,ようやく書きためた膨大な原稿が,35年に名編集者パーキンズMaxwell E.Perkinsの手で長編《時間と川Of Time and the River》として出版される。前作同様ユージーンを主人公に,故郷の外へ出た孤独な青年の多感に揺れ動く心情を,魅力的な挿話の積重ねと奔流のような饒舌で描き出している。…

※「Perkins,M.E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android