コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Petro-Canada PetroCanada

世界大百科事典内のPetro-Canadaの言及

【カナダ】より

…73年に,〈外国投資審査法〉Foreign Investment Review Act(施行は1974年,75年)が成立し,雇用機会の拡大や資源加工度の向上,それに技術開発の促進などの〈カナダ経済に顕著な利益をもたらす〉外資のみが認可されることになった。またそれに先立つ1971年に,カナダ企業の乗っ取り防止とカナダ人所有企業の強化育成を図るためにカナダ開発会社Canada Development Corp.が,そして75年に石油と天然ガス資源の開発と安定供給をめざして国策会社ペトロ・カナダPetro‐Canadaが設立された。また,こうした一連のナショナリスティックな政策の最後を飾ったのが,80年10月に発表された〈国家エネルギー計画〉であり,90年までにエネルギー自給をめざしエネルギー部門のカナダ化を進めることを宣言したものであった。…

※「Petro-Canada」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Petro-Canadaの関連キーワードアルバニア文学北米自由貿易協定NAFTAカナダカナダ旅行カナディアンクリスタエア・カナダ・センタードミニオンカナダアーバイダ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone