コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Placito Capuano PlacitoCapuano

世界大百科事典内のPlacito Capuanoの言及

【イタリア語】より

… 書き言葉としてラテン語を用いる伝統が根づいているイタリアで,〈俗語volgare〉(ラテン語に対してイタリア語はこう呼ばれた)が文学語として用いられ出した時期はかなり遅かった。ともあれ,この俗語を用いて書かれた最古の記録は,イタリア語であるともラテン語であるとも解釈し得る短い〈ベローナの謎〉(800ころ)を別にすれば,960年3月にさかのぼる〈カプアの判決文Placito Capuano〉のなかに見いだされる。これはモンテ・カシノ修道院に残る土地所有権をめぐる訴訟記録であるが,ラテン語で綴られた本文の中に証人の行った証言がイタリア語(カンパニア方言を反映)によって挿入されている。…

※「Placito Capuano」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Placito Capuanoの関連キーワードシミオナート

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android