Podogorica

世界大百科事典内のPodogoricaの言及

【ポドゴリツァ】より

…ユーゴスラビア南西部,モンテネグロ(ツルナ・ゴーラ)共和国の主都。人口11万8000(1991)。リブニツァ川とモラチャ川の合流地にあり,低地(45m)のため7月には40℃を超す炎暑となる。7世紀ごろから南スラブ人が定住し,中世セルビアのネマニッチ朝をたてたステファン・ネマーニャの生地である。13世紀ごろからポドゴリツァとして文献に見えるが,郊外に残るローマ時代のドゥクリア遺跡から判断して,町は古代からの都市であったことがわかる。…

※「Podogorica」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android