コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ponson du Terrail PonsonduTerrail

世界大百科事典内のPonson du Terrailの言及

【新聞小説】より

…新聞小説がもっとも人気を博したのはフランスで,《プレス》《シエークル》の2紙を草分けとして,はじめは埋め草用だった短編分載がやがて本格的な長編連載へと発展する。バルザック(《老嬢》),デュマ(《三銃士》)ら大作家と並んで,やがてポンソン・デュ・テライユPonson du Terrail(1829‐71)のような新聞小説専門の文学者が登場し,小説ひいては文学の大衆化に貢献した。19世紀末になると質が低下して,ハッピー・エンドで締めくくる感傷的な恋愛ものが増え,低俗文学の代名詞と化した。…

※「Ponson du Terrail」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone