コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Praga,M. PragaM

世界大百科事典内のPraga,M.の言及

【ノベリ】より

…1880年ごろより悲劇に転じるが,まじめさと滑稽さが混じり合った演技に長じ,例えばとくに《ベニスの商人》のシャイロック役では,絶妙のせりふまわしで世をわかせたという。その他H.イプセンやフランス自然主義の影響をうけたプラーガMarco Praga(1862‐1929)などの作品を演じたが,とくに当時人気があったテストーニAlfredo Testoni(1856‐1931)の《ランベルティーニ大司教》の司教役は人気があった。イタリア初期の映画でも活躍している。…

【ベリズモ】より

…ナポリに生まれてシチリアを舞台に大作《ビーチェレ》(1894)を著したデ・ロベルトFederico De Roberto(1861‐1927),ナポリの貧民を描いた女流作家セラーオMatilde Serao(1856‐1927),サルデーニャ島出身でノーベル文学賞を受けた女流作家G.デレッダ,ナポリの方言作家S.ディ・ジャーコモら。また,〈ベリズモ〉の劇作家としては,ベルガのほかに,コッサPietro Cossa(1830‐81),G.ジャコーザ,プラーガMarco Praga(1862‐1929)らがいた。【河島 英昭】。…

※「Praga,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android