コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Quesnel,P. QuesnelP

世界大百科事典内のQuesnel,P.の言及

【ジャンセニスム】より

…やがて政治上の理由から〈教会の和約〉(1669‐79)と呼ばれる妥協が成立し,ポール・ロアイヤルはつかの間の平安と隆盛を味わった。この間ジャンセニスムはしだいに党派の様相を呈するに至ったが,アルノーの死(1694)後,その指導者となったのはケネルPasquier Quesnel(1634‐1719)である。問題は18世紀に入ると再燃し,1709年にはポール・ロアイヤルが閉鎖され,13年にはローマ教皇の大勅書《ウニゲニトゥス》が発布されてケネルの教説を断罪するが,運動は鎮静化せず,ローマの決定に異を唱える多数の聖職者たちが公会議の開催を上訴するに至る。…

※「Quesnel,P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone