コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Robertson-Smith,W. RobertsonSmithW

世界大百科事典内のRobertson-Smith,W.の言及

【儀礼】より

…そのような使用法を含め,儀礼という言葉の意味するところを理解するために,現在までの儀礼研究の主たるものを歴史的に追ってみよう。
[儀礼研究の歴史]
 儀礼に関する研究で19世紀末以前とそれ以降とをつなぐものはロバートソン・スミスWilliam Robertson‐Smithの論考である。神学者でもあった彼は,宗教における儀礼を教義と同等に重要なものとみなし,信者たちの共同の行為としての儀礼,とくに供犠・共食の行動が,神と信者の間の宗教的意味のみならず,信者集団の共同性や紐帯に対し効用を持つと主張した。…

※「Robertson-Smith,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Robertson-Smith,W.の関連キーワードスミス(Kiki Smith)クラウス(Rosalind E. Krauss)フレーザー(Sir James George Frazer)ブリタニカ百科事典サー球枕状構造スミス(Adam Smith)ソロモン・スミス・バーニー地質学テレビジョン(ロック・グループ)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android