コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rochdale Society of Equitable Pioneers RochdaleSocietyofEquitablePioneers

世界大百科事典内のRochdale Society of Equitable Pioneersの言及

【協同組合】より

…だが,ともかく上記の意味において協同組合といいうる組織は,現代においては全世界にわたって存在し,それらの全体を合わせると加入者数は十数億人に達すると見られている。
[協同組合の発展]
 このような規模にまで拡大した協同組合の発展過程は,実質的には1844年にイギリスのランカシャーのロッチデールで約30人の織物工がロッチデール公正先駆者組合Rochdale Society of Equitable Pioneersなる消費組合を設立したことに始まる。この組合の活動が成功したことから,これにならって,(1)加入自由,(2)1人1票の民主的運営,(3)出資金への配当の制限,(4)剰余金の組合員への組合利用高に応じた分配,などのいわゆるロッチデール原則にもとづく消費組合が続々と設立され,この動きはさらに北欧諸国をはじめとするヨーロッパ各国から全世界へと広がっていき,この過程で,上記のロッチデール原則にのっとった協同組合に法制上の地位を保障する立法措置がとられるようになった。…

※「Rochdale Society of Equitable Pioneers」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Rochdale Society of Equitable Pioneersの関連キーワードロッチデール組合協同組合主義