Romero,C.H.(英語表記)RomeroCH

世界大百科事典内のRomero,C.H.の言及

【エルサルバドル】より

…モリナ政権は農牧業の多様化,工業開発等に積極的にのり出したが,反対派の抵抗は強まった。77年にはカルロス・ウンベルト・ロメロCarlos Humberto Romero大佐が大統領に選ばれている。ロメロ政権は79年10月に軍民一体のクーデタで打倒され,80年10月には軍部の支持のもとでホセ・ナポレオン・ドゥアルテJosé Napoleón Duarteが革命評議会の議長として政権を掌握した。…

※「Romero,C.H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android