Rosenkreuz,C.(英語表記)RosenkreuzC

世界大百科事典内のRosenkreuz,C.の言及

【アンドレーエ】より

…イタリアでカンパネラの系譜を引く結社〈太陽協会〉と接触,帰国後ファイヒンゲンの副牧師となり,このころから薔薇十字四大著作を刊行した。一連の著作は1484年に死んだとされる伝説上の人物ローゼンクロイツChristian Rosenkreuz(〈薔薇十字〉の意)の120年後の復活を予言し,薔薇十字思想が地上に実現されるであろうことを予告している。これは三十年戦争を前にしたヨーロッパの混迷に秩序をもたらさんとする願望の表現であり,近年の研究によれば,《化学の結婚》には,ファルツ選帝侯とジェームズ1世の娘エリザベスとの〈結婚〉による分裂したヨーロッパの統一が寓されているという。…

【薔薇十字団】より

…17世紀初頭,ドイツに興った精神運動。匿名作者による四つの基本文書公刊を機に姿を現した秘密結社で,架空の始祖ローゼンクロイツChristian Rosenkreuzの名にちなみ,メンバーは〈薔薇Rosen十字Kreuzの人〉を自称した。四つの基本文書とは,まず1614年にカッセルから出たパンフレット《全世界の普遍的かつ総体的改革》,並びにその付録の《薔薇十字団の伝説》,15年刊の《薔薇十字団の信条》,最後にシュトラスブルクで16年に刊行された風刺的寓意小説《化学の結婚》である。…

※「Rosenkreuz,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android