コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SRI SRI/えすあーるあいSocial Responsibility Investment

知恵蔵の解説

SRI

社会的責任投資」のページをご覧ください。

SRI

社会的責任投資」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

エス‐アール‐アイ【SRI】[socially responsible investment]

socially responsible investment》⇒社会的責任投資

エス‐アール‐アイ【SRI】[Stanford Research Institute]

Stanford Research Instituteスタンフォード研究所。米国のシンクタンク。政府や企業からの委託による先端技術の研究開発、政策立案のための調査分析などを行う。1946年、スタンフォード大学の研究機関として発足。1970年に大学から分離独立、1977年、SRI Internationalと改称。本部はカリフォルニア州メンロパーク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

SRI【エスアールアイ】

スタンフォード研究所

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SRI

Socially Responsible Investment(社会的責任投資)の略称。企業を社会的視点から評価し、投資活動を通じてこれを支援することをいう。例えば金融機関が、環境問題に積極的に取り組んでいる企業に積極的に資金を投資する活動をいう。SRIはエンロンや、ワールドコムの粉飾決算事件を機に企業の社会的責任の軽視が問題となったアメリカで生まれ、全世界に広まっている。SRIにおける企業の評価基準は、収益・成長性に環境対策、社会問題への対応の2つが加えられた3つによって構成されることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブランド用語集の解説

SRI

SRIとはsocially responsible investmentの略で社会的責任投資のことをいう。社会的責任投資の項参照。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

SRI

〖socially responsible investing〗

SRI

〖SRI International〗
スタンフォード国際研究所。アメリカのシンク-タンクの一。1946 年、Stanford Research Institute として設立。77 年改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

SRI
えすあーるあい

社会的責任投資socially responsible investmentの略称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

SRIの関連キーワードシンガポールのスリマリアマン寺院スリバダパティラカリアマン寺院選択的セロトニン再取込み阻害薬スリシバスブラマニヤスワミ寺院プーケットのカシューナッツ工場ワットプラケオ〈バンコク〉スリセンパガビナヤガー寺院スリビラマカリアマン寺院ダラダーマーリガーワ寺院シーコーラプーム歴史公園スリマハマリアマン寺院オーロビンド ゴーシュスリクリシュナン寺院ダンロップスポーツダラダマリガワ寺院スリランカ中央高原スリマリアマン寺院スリーマハー菩提樹マリッサ・メイヤースリランカの要覧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SRIの関連情報