コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SRI SRI/えすあーるあいSocial Responsibility Investment

デジタル大辞泉の解説

エス‐アール‐アイ【SRI】[socially responsible investment]

socially responsible investment》⇒社会的責任投資

エス‐アール‐アイ【SRI】[Stanford Research Institute]

Stanford Research Instituteスタンフォード研究所。米国のシンクタンク。政府や企業からの委託による先端技術の研究開発、政策立案のための調査分析などを行う。1946年、スタンフォード大学の研究機関として発足。1970年に大学から分離独立、1977年、SRI Internationalと改称。本部はカリフォルニア州メンロパーク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SRI

Socially Responsible Investment(社会的責任投資)の略称。企業を社会的視点から評価し、投資活動を通じてこれを支援することをいう。例えば金融機関が、環境問題に積極的に取り組んでいる企業に積極的に資金を投資する活動をいう。SRIはエンロンや、ワールドコムの粉飾決算事件を機に企業の社会的責任の軽視が問題となったアメリカで生まれ、全世界に広まっている。SRIにおける企業の評価基準は、収益・成長性に環境対策、社会問題への対応の2つが加えられた3つによって構成されることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SRIの関連情報