コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Santos Dumont,A. SantosDumontA

世界大百科事典内のSantos Dumont,A.の言及

【飛行機】より


[ライトを追い越したフランス勢]
 空飛ぶ乗物に関しては,熱気球(1783,モンゴルフィエ兄弟),水素気球(1783,シャルル),落下傘(1797,ガルヌラン),飛行船(1852,ジファール)と“世界最初”を独占してきたフランスも,飛行機に関してはライト兄弟のアメリカに後れをとってしまった。フランスで初めて飛行機が飛んだのは1906年で,それもパリ在住のブラジル人,サントス・デュモンAlberto Santos Dumont(1873‐1932)によるものであった。しかし,フランスは研究者の層が厚く,19世紀末から多くの研究者が独自の発想で飛行機の研究に取り組んでいたので,その研究成果が1908年ころから一斉に開花して,性能の優れた飛行機が次々に現れた。…

※「Santos Dumont,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Santos Dumont,A.の関連キーワードミュンスター彫刻プロジェクトクロロファイア象徴的分類ミル(John Stuart Mill)レンガー・パッチュサントスアンナジョゼ・モウリーニョクリスティアーノ・ロナウドドス・サントス中南米映画

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android