コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sayer,A. SayerA

世界大百科事典内のSayer,A.の言及

【フリーメーソン】より

…いずれにせよ“地上に神の家を造る”教会建築家の同職組合は,このころようやく,〈見えざる天上の家〉としての精神の建築物,すなわちフリーメーソンの構築へと脱皮を迫られていた。
[近代フリーメーソンの誕生と活動の拡大]
 ロンドンとウェストミンスターにあった四つのロッジ(本来は大建築現場の職人たちの〈普請小屋〉の意)が,セーヤーAnthony Sayerの音頭で〈団結と調和の中心〉たる一つの大ロッジに大同団結したのは,1717年洗礼者ヨハネの祝日(6月24日)であった。6年後の23年,プロテスタント牧師アンダーソンJames Andersonによって〈憲章〉が編纂され,フリーメーソン会員が遵守すべき道徳律たる〈古き諸義務〉が制定された。…

※「Sayer,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone