コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Svanberg,M.W. SvanbergMW

世界大百科事典内のSvanberg,M.W.の言及

【シュルレアリスム】より

…ドイツからはベルメールHans Bellmer(1902‐75)が,ルーマニアからブローネルVictor Brauner(1903‐66)やエロルドJacques Hérold(1910‐ )がやってくる。第2次大戦中のニューヨークでの亡命グループによる活動と,アメリカ,カナダへのその影響,また,戦後パリに来たハンガリーのハンタイSimon Hantaï(1922‐ )やスウェーデンのスワンベリMax Walter Svanberg(1912‐ )の活動も見のがせないが,より重要なのはいわゆる〈第三世界〉への浸透であろう。シリア,エジプトから旧フランス領アフリカにかけて,またメキシコ(パスなど),キューバ(ラムWifredo Lam(1902‐82)など),マルティニク島(セゼールなど)からペルー(モロなど),チリ(マッタなど)で,数多くの詩人,画家たちがシュルレアリスムを発展的に継承する。…

※「Svanberg,M.W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Svanberg,M.W.の関連キーワード北欧美術

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android