コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Talcott,A. TalcottA

世界大百科事典内のTalcott,A.の言及

【タルコット法】より

…天文緯度を決定する方法の一つ。1834年アメリカのタルコットA.Talcott(1797‐1883)によって考案された。観測点の子午線を続いて通過する恒星で天頂距離が南北にほぼ等しいものを選び,両星の天頂距離の差を測定する。南側の星の赤緯をδs,天頂距離をZs,北側の星のそれをδn,Znとするとき,求める緯度φは, φ=1/2(δs+δn)+1/2(Zs-Zn)で与えられる。Zs-Znが測定した天頂距離の差で,ここで大気差による星の位置のずれの影響が大部分消去され,高精度の結果が得られる。…

※「Talcott,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Talcott,A.の関連キーワードタルコット法タルコット法パーソンズ均衡理論(社会学)ギデンズ構造機能分析小室直樹ゴールドナー社会体系象徴人類学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android