コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Théâtre Libre TheatreLibre

世界大百科事典内のThéâtre Libreの言及

【自由劇場】より

… いずれにせよ,この流れはいわゆる近代劇の勃興・発展の中核をなすものであり,そのような視座からとらえれば,モスクワ芸術座にせよ,アイルランドのアベー座にせよ,あるいはさらなる派生としての日本の〈自由劇場〉にせよ,すべて同じ一つの歴史的潮流として展望することが可能であろう。【川添 裕】
[アントアーヌの自由劇場Théâtre Libre]
 アマチュア劇団〈セルクル・ゴーロア〉の一部俳優を母胎に,E.ゾラとその門下の自然主義新進作家の協力を得てアントアーヌによって設立された。パリのモンマルトルの一隅の小劇場での予約会員制の観客を前にした第1回公演で,ゾラ原作の《ジャック・ダムール》が空前の評判をとり,一躍自然主義演劇の中心となった。…

※「Théâtre Libre」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Théâtre Libreの関連キーワードアントアーヌ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android