コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Thermē Therme

世界大百科事典内のThermēの言及

【テッサロニキ】より

…古代での呼称はギリシア語でテッサロニケThessalonikē,ラテン語でテッサロニカThessalonica。前316年,当時マケドニアを支配していたカッサンドロスKassandrosが,マケドニア東部,テルメ湾の奥のテルメThermēを中心に,周辺の町々を統合して建設し,妻の名をとって名づけたのが始まりで,海陸交通の要地として発展した。前146年にマケドニアがローマの属州になると,その主都に選ばれ,ローマ元首政期には自由市の資格を賦与されて栄え,テオドシウス帝のもとでイリュリクム道の主都とされ,ユスティニアヌス帝のときにコンスタンティノポリスに次ぐビザンティン帝国第2の首都の地位を与えられて繁栄の頂点に達した。…

※「Thermē」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Thermēの関連キーワードテッサロニキ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android