Tiso,J.(英語表記)TisoJ

世界大百科事典内のTiso,J.の言及

【スロバキア】より

…この運動の中心となったのはフリンカに率いられたスロバキア人民党(1925年にフリンカ・スロバキア人民党Hlinkova slovenská l'udová stranaと改称)であり,この党はカトリック聖職者,農民,知識人の一部の支持を得てしだいに勢力を拡大した。38年9月30日のミュンヘン協定によってチェコの国境地域ズデーテン(スデティ)地方のナチス・ドイツへの割譲が決定されると,フリンカの後継者ティソJozef Tiso(1887‐1947)は10月6日にジリナでスロバキア自治政府成立を宣言した。11月2日のウィーン裁定によって,スロバキア南部国境地域(住民の約60%はハンガリー人)がハンガリーに割譲された。…

※「Tiso,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android