コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X 線吸収法 えっくすせんきゅうしゅうほう

世界大百科事典内のX 線吸収法の言及

【分光分析】より

…蛍光X線法X‐ray fluorescence analysisは,X線の照射によって試料中の原子を励起する以外はX線発光法と同一の分析法で,やはり金属元素などの分析に適している。X線吸収法X‐ray absorptiometryは,発光法に比べ一般的でないが,最近EXAFS(広域X線吸収微細構造extended X‐ray absorption fine structureの略)が,新しい状態分析の手段として注目を集めている。
[紫外・可視分光分析spectrochemical analysis in ultraviolet and visible region]
 われわれは目で見た色によって物質の識別を行うことができるが,これは自然光を光源とし,目を検出器とした最も単純な可視分光分析とみなすことができる。…

※「X 線吸収法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

X 線吸収法の関連情報