コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Zeise,W.C. ZeiseWC

世界大百科事典内のZeise,W.C.の言及

【ツァイゼ塩】より

…トリクロロ白金(II)酸カリウムの俗称。1830年ころツァイゼW.C.Zeiseにより初めてつくられた。ツァイゼは塩化白金(IV)をエチルアルコールで処理し,塩化カリウムを加えてつくった。…

【有機金属化合物】より

…もちろん当時無機化合物や有機化合物という厳密な意味での概念があったわけではないが,有機金属化合物として最も古いと思われるものはツァイゼ塩KPtCl3(C2H4)・H2Oである。これは1827年デンマークの薬学者ツァイゼWilliam Christopher Zeise(1789‐1847)が塩化白金(IV)水溶液をエチルアルコールで処理してから塩化カリウムを加えて得た淡黄色結晶であるが,20世紀も半ばになってエチレンのπ電子が白金原子に配位したπ錯体であることがわかった。19世紀半ばは有機化学が勃興してくる時代であるが,そのなかで基の理論が成立していく過程で,1841年ドイツのR.W.ブンゼンがカコジルAs2(CH3)4をつくったのをはじめとして,49年イギリスのE.フランクランドがジエチル亜鉛Zn(C2H5)2を発見している。…

※「Zeise,W.C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone