amour courtois(英語表記)amourcourtois

世界大百科事典内のamour courtoisの言及

【宮廷風恋愛】より

…とくに南フランスの抒情詩人トルバドゥールたちによって中心主題として歌われ,封建制度と当時の宗教的感情を基盤として確立するにいたった。宮廷風恋愛amour courtoisとは後世の呼称で,当時は雅(みやび)の愛fin’amorとよばれ,(1)対象は上層貴族階級の人妻に限る(夫婦間にこの愛はありえない),(2)プラトニックではなくて官能的な愛ではあるが容易に充足されてはならない,(3)嫉妬深い夫やさまざまな障害によってかえって強められねばならない,(4)秘められた恋であり,とくに女性の名は明かされてはならない,などの厳しい条件があった。単なる性的本能の充足や原初的衝動から身を律するこの高度に昇華されたエロティックな愛の規範は,13世紀初めにアンドレ・ル・シャプランの《恋愛論》に,不十分ながらまとめられている。…

※「amour courtois」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android