dienophile

世界大百科事典内のdienophileの言及

【ジエン合成】より

…工業的にも実験室的にも非常に簡単な操作で好収率の生成物を与えるので,種々の6員環化合物の合成に用いられる。この反応でオレフィンは,ジエンを求めて反応する試剤である,という意味で求ジエン試剤または英語をそのまま音訳してジエノフィルdienophileとも呼ばれる。求ジエン試剤としては,求電子性(電子不足)オレフィンがよく用いられるが,反応によっては求核性(電子豊富)オレフィンも使われる。…

※「dienophile」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android