esophagoscope

世界大百科事典内のesophagoscopeの言及

【内視鏡】より

…食道,胃,十二指腸ファイバースコープが用いられる。食道には食道鏡esophagoscope,胃には胃鏡またはファイバースコープを組み込んだ胃カメラ,十二指腸には十二指腸鏡というように,それぞれ専用のファイバースコープが用いられるが,最近はこれらの各部を同時に見ることができる上部消化管汎用のファイバースコープを使用することが多くなった。検査にあたっては,朝食を禁じたうえ,のどを麻酔し,注射で胃腸の運動を鎮めたのち,口からファイバースコープを挿入し,空気を送って内腔を広げてから観察する。…

※「esophagoscope」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android