コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

field emission microscope fieldemissionmicroscope

世界大百科事典内のfield emission microscopeの言及

【電子放出】より

… 電界放出の応用として電界顕微鏡(FEM。field emission microscopeの略)が1936年にE.W.ミュラーによって発明された。電界顕微鏡は鋭い針状試料のまわりに,導電処理をしたガラスに蛍光物質を塗布したスクリーンを置き,超高真空に排気して,試料とスクリーンの間に1~10kVの電圧をかけ,飛び出てくる電界放出電子の像をスクリーン上で観測するものである。…

※「field emission microscope」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

field emission microscopeの関連キーワードMicro USB半導体レーザーCT断層撮影微量分析クラウドファンディングFED電界放出ディスプレーFED走査型近接場光顕微鏡

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android