コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

germ of holomorphic function germofholomorphicfunction

世界大百科事典内のgerm of holomorphic functionの言及

【解析関数】より

… 複素平面の点aを含むある領域で定義された正則関数を,aにおける関数要素と名付ける。aにおける二つの関数要素がaのある近傍で一致するとき,これらは同値であると呼び,同値類をaにおける正則関数芽germ of holomorphic functionという。次に0≦t≦1である各tに,点a(t)における正則関数芽を対応させ,ta(t)は曲線Cとなり,またtごとに,a(t)における芽に属する関数要素をとり出してきたとき,要素全体が曲線Cに沿っての解析接続となっている場合,これを正則関数芽の曲線という。…

※「germ of holomorphic function」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

germ of holomorphic functionの関連キーワード解析関数