コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ivory nut ivorynut

世界大百科事典内のivory nutの言及

【オオボタンヤシ】より

…ミクロネシアに自生するヤシ科の高木で,通常谷間の水辺に生える。幹は高さ20m,直径60~90cmに達し,表面は葉柄の基部を残存し,粗い。葉は羽状全裂で長さ約3m。羽片は多数で披針形,長さ約45cmで下垂性。葉鞘(ようしよう)基部は粗大で外面にサゴヤシに見るような不規則の線状の突起があり,少数の長いとげを有する。肉穂花序は葉腋(ようえき)より抽出し,長さ2~3m。花は雌雄同株。果実は球形,径5~9cm,外面は小さい光沢のある鱗片で包まれている。…

※「ivory nut」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ivory nutの関連キーワードナンヨウアブラギリハシバミKeitoブラジルナッツコートジボワールラテライト性マンガン鉱床象牙色の嘲笑エボニー・アンド・アイボリーアイヴォリー指輪

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android