コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ivory nut ivorynut

世界大百科事典内のivory nutの言及

【オオボタンヤシ】より

…ミクロネシアに自生するヤシ科の高木で,通常谷間の水辺に生える。幹は高さ20m,直径60~90cmに達し,表面は葉柄の基部を残存し,粗い。葉は羽状全裂で長さ約3m。羽片は多数で披針形,長さ約45cmで下垂性。葉鞘(ようしよう)基部は粗大で外面にサゴヤシに見るような不規則の線状の突起があり,少数の長いとげを有する。肉穂花序は葉腋(ようえき)より抽出し,長さ2~3m。花は雌雄同株。果実は球形,径5~9cm,外面は小さい光沢のある鱗片で包まれている。…

※「ivory nut」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ivory nutの関連キーワードKeitoブラジルナッツナット・ロッカーマカダミアエジプト科学教員組合コートジボワールラテライト性マンガン鉱床象牙色の嘲笑エボニー・アンド・アイボリー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone