コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

lettrisme lettrisme

世界大百科事典内のlettrismeの言及

【コンクリート・ポエトリー】より

…近代詩は象徴主義以後,言語の視聴覚的要素の喚起力と物質的エネルギーを回復しようとし,シェーアバルト,モルゲンシュテルンの音響詩,未来派の自由話法,ダダの抽象詩,物体詩,同時詩などの実験を生んだ。これらが,カンディンスキーやビルMax Bill(1908‐94)の〈具体芸術(コンクリート・アート)〉,イズーIsidore Isou(1925‐ )らの〈レトリスムlettrisme〉に媒介されて,第2次大戦後,言語を文法や意味から自立させ,裸形の物質として時間と空間,世界構造へと解放するコンクリート・ポエトリーの運動となった。それは視覚的,聴覚的,キネティックの3分野に大別され,東西ヨーロッパや南北アメリカにひろがった。…

※「lettrisme」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone