コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

libertinus libertinus

世界大百科事典内のlibertinusの言及

【ローマ】より

…しかもギリシアにおいては,解放奴隷は一般に在留外人(メトイコイ)と同身分とされたのに対し,ローマにおいては,正式な解放手続(遺言など)による解放奴隷にはローマ市民権が与えられた。もっとも市民権を得ても解放奴隷はリベルティヌスlibertinusと呼ばれ,生まれながらのローマ市民ingenuusとは区別された。また元の主人に対して,解放後も一定の奉公と服従の義務を負い,また彼が子どもなしに死んだ場合,遺産は元の主人のものになるなど不利な立場にあった。…

※「libertinus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android