コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

map interpretation mapinterpretation

世界大百科事典内のmap interpretationの言及

【地形図】より

…1万分の1地形図の図郭線はユニバーサル横メルカトル図法を用いて中央経線および赤道からそれぞれ3′45″,2′30″ごとに設定されており,1図に含まれる面積は約25km2,4面で2万5000分の1地形図1面と対応する。【高崎 正義】【滝沢 由美子】
【地形図の読図map reading,map interpretation】

[読図の手順,段階]
 (1)地形図を〈見る〉または初歩的に〈読むmap reading〉段階。点,線,広がりや形,記号や文字,色彩の印象などを通じて,そこに描かれてあるものの水平的・垂直的・時間的な位置づけ,方位,距離などを読み取る。…

※「map interpretation」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

map interpretationの関連キーワード細胞内情報伝達機構染色体地図ソディ黒木華MAPMAPKKMAPKKK元祖ムキムキマン野田秀樹天野弘愛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android