コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

metoikia metoikia

世界大百科事典内のmetoikiaの言及

【シュノイキスモス】より

…それはミュケナイ時代の英雄テセウスの事業に帰せられたが,実際は暗黒時代を通じて独自の評議会や役人をもつに至った村落共同体が,貴族と平民の対立の中で,有力ポリスたるアテナイを中心として平等の立場で結合する長期にわたる一連の発展過程の末に成立したものであったに違いない。後世それは集住祭(シュノイキアsynoikia)または移住祭(メトイキアmetoikia)としてヘカトンバイオン月(今の7月半ばから8月半ばころ)の第16日に行われる祭典によって記念されたが,村落共同体の一般成員の大部分は従来通り田園の生活を続けた。ミュケナイ時代,ギリシア人の王国を象徴するものがアクロポリスにおける王宮であったのに対し,新たに成立した貴族政ポリスを象徴するものは,アクロポリスに建てられた守護神の神殿であった。…

※「metoikia」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone