コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

multilateral nuclear force multilateralnuclearforce

世界大百科事典内のmultilateral nuclear forceの言及

【核戦略】より

…ソ連の核戦力の増強とともに大量報復戦略の見直しが始まり,57年12月にパリで開かれた首脳会談で,ヨーロッパにアメリカの核弾頭装着のIRBMを配備することを決定した。1960年代になって,英仏両国が独自の核武装をする動きを見せ,これを懸念したアメリカは,自国製核ミサイルを提供して他のNATO諸国が兵員,艦艇を供出してつくりあげる〈多角的核戦力multilateral nuclear force構想〉を打ちだしたが,英仏両国が消極的で結局,立消えとなった。 その後もヨーロッパにおける核戦力問題の検討がつづけられてきたが,1967年12月,NATOは柔軟反応戦略の採用を決定した。…

※「multilateral nuclear force」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

multilateral nuclear forceの関連キーワード核不拡散条約核拡散防止条約NPT中距離核戦力条約INF条約OECD-NEA原子力保険原子力安全推進協会ジョン ウェルフィールド世界銀行

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android