コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

non-Darwinian evolution nonDarwinianevolution

世界大百科事典内のnon-Darwinian evolutionの言及

【中立説】より

…この分子進化の機構として進化,つまり置換の大部分は自然淘汰によってではなく,淘汰に有利でも不利でもない中立の突然変異が機会的浮動によって集団中に蓄積,固定することによって起こるという説が木村資生(1968),J.L.キングとT.H.ジュークス(1969)によって提唱された。これが中立説であり,キングらはnon‐Darwinian evolutionという語句も用いた。この説が起こってきた歴史的背景には,分子遺伝学の発達のほかに,当時集団遺伝学でそれまでの遺伝的荷重の理論と相反するほど多量の多型的なアイソザイム変異が見つかってきていたという事実もあり,中立説はそれら多型も,中立突然変異と機会的浮動によって維持されうるという説明を与えるものであった。…

※「non-Darwinian evolution」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone