podgolosok

世界大百科事典内のpodgolosokの言及

【ロシア・ソビエト音楽】より

…14~17世紀モスクワ・ロシアの時代以後に発展したものと考えられ,現在の農村伝統の歌謡の中心的存在であり,19世紀以来学問的・芸術的研究の対象として広く研究されてきた。ポドゴロソクpodgolosok(副声部,充塡声部などと訳されることもある)と呼ばれる多声法は3和音もしばしば響かせるが,一定の低音進行を伴う和声的な機能をもつものではなく,一種のヘテロフォニーで,フレーズの終りは常にユニゾンになる。プロチャージナヤは19世紀ロシアの古典音楽のなかで深く研究され,ロシア芸術音楽の国民主義的な語法の確立に大きな影響を与えた。…

※「podgolosok」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android