コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

pomeshchichii krest'yane pomeshchichiikrestyane

世界大百科事典内のpomeshchichii krest'yaneの言及

【農奴】より

…1762年,貴族が義務的な国家勤務から解放されるなかで,領主の農奴支配の権限も拡大され,それが公的にも認められ,ロシア農奴制は,この〈貴族帝国〉の時代に最盛期を迎えたといわれる。 ところで,18世紀後半~19世紀前半のロシアにおける農民は,大きく分類して,御料地農民,国有地農民,領主農民の三つの範疇に分けられるが,一般に農奴と呼ばれたのは領主農民pomeshchichii krest’yaneで,そこには領主の奴隷的存在であった僕婢も含まれた。1857‐60年の第10回人口調査によれば,ヨーロッパ・ロシアにおける領主農民の人口は男女合わせて2197万6232,そのうち僕婢は146万7378であった。…

※「pomeshchichii krest'yane」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

pomeshchichii krest'yaneの関連キーワードウスペンスキーカレーエフ赤軍セメフスキードルジーニンベールキン物語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android