コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

precocious germination precociousgermination

世界大百科事典内のprecocious germinationの言及

【発芽】より

…脂肪は,脂肪種子ではおもに胚乳または子葉に,トウモロコシなどのデンプン種子ではおもに胚盤に蓄えられ,発芽時には加水分解されて脂肪酸を生じ,その一部は脂質の合成に使われるが,残りの大部分はグリオキシソームによるβ酸化およびグリオキシル酸回路を経たのち糖へ変えられ,胚の生長に用いられる。 種子を完熟を待たずに母体から切り離してまくと,それでも発芽することがワタなどで知られている(早熟発芽precocious germination)。この場合には,本来母体の上で行うはずの種子形成の過程が,まかれた未熟種子の体内で行われるので,切り離した時点では種子形成の過程がどの段階まで進んでいたかを知る有力な実験手段として用いられる。…

※「precocious germination」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone