コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

qabāla qabala

世界大百科事典内のqabālaの言及

【徴税請負】より

…このような徴税請負は9世紀末ころから盛んとなり,直轄州以外の辺境地区をおもな対象に国庫収入の約2割がダマーンによって徴収された。エジプトでは,地方の小区域を対象にした徴税請負を特にカバーラqabālaといい,毎年フスタートのアムル・モスクで請負人を決定する競り(ニダー)が行われた。官吏や地主をはじめとするカバーラの請負人は,徴税以外に水利機構の管理・維持と農民の耕作状態を監督する義務があり,この体制は軍人に徴税権を分与するイクター制が成立するアイユーブ朝(1169‐1250)時代まで一貫して存続した。…

※「qabāla」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

qabālaの関連キーワード与座よしあき浜田治貴

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android