コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

rapière rapiere

世界大百科事典内のrapièreの言及

【フェンシング】より

…それまでは重い剣を使って甲冑(かつちゆう)をこわす必要があったが,火器の発達で甲冑の重要性は減少し,かわって軽くてバランスのよい剣が求められるようになった。16世紀にはイタリアでラピエールrapièreと呼ばれる細身で長い剣が完成され,決闘に用いられた。こうして剣の操作の巧拙が生命を左右するようになると各地に剣の教師が生まれ,フェンシングが理論づけられて発展した。…

※「rapière」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android