コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

receptosome receptosome

世界大百科事典内のreceptosomeの言及

【細胞】より

…受容体が分布する細胞だけがその物質を情報として受け入れられるので,少量で多数の情報物質があっても個々の情報は整理され,的確にとどけられているのである。インシュリン,β‐メラノトロピン,絨毛性性腺刺激ホルモン,神経成長因子(NGF),上皮細胞増殖促進因子(EGF),ソマトメジンCなどのペプチドホルモン,また,栄養物質の輸送タンパク質として,低比重リポタンパク質(LDL),卵黄タンパク質(ホスビチン,リポビテリン),ハプトグロビン,トランスフェリンなどは細胞膜上の特異的受容体に結合して,レセプトソームreceptosomeとよばれる細胞膜の陥入によってできた小胞とともに,細胞質中に取り込まれていく(この過程がエンドサイトーシスである)。この機構によれば10-8~10-10molという低濃度の情報物質をも濃縮して標的細胞に伝えられる。…

※「receptosome」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone