somite

翻訳|somite

世界大百科事典内のsomiteの言及

【体節】より

…それは各体腔囊が,まず上下2房に分かれてから上房のみが分節構造の形成にあずかるからである。これを体節somiteまたは原体節(古くは誤って原脊椎)と呼んでいる。そしてさらにその一部,房の外側の壁が間葉化して細胞に分散してしまうと,残った部分は骨格筋のもとである筋節となる。…

※「somite」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android