コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

suṣmnā susmna

世界大百科事典内のsuṣmnāの言及

【チャクラ】より

…もう一つは,頭頂にある,千弁の蓮華の形をしたサハスラーラ・チャクラsahasrāra‐cakraで,シバ神の居処であるという。人がヨーガを行い,息(=生命エネルギー)を止めると,体内に生命エネルギーが充満し,これがクンダリニーを目覚めさせ,脊椎を貫通しているスシュムナーsuṣmnā管の中を,チャクラを中継点としながら上昇させることができる。クンダリニーがついにサハスラーラ・チャクラに至ると,これは宇宙の根本原理であるシバ神と合一したことになる。…

※「suṣmnā」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android