コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

subsistence theory of wages subsistencetheoryofwages

世界大百科事典内のsubsistence theory of wagesの言及

【賃金】より

…これら4学説は決して相互に排反的ではなく,賃金決定の異なった側面に注目しており,むしろ相補う性質のものと考えたほうがよいであろう。(1)賃金生存費説subsistence theory of wagesは,人口増加の〈自然的〉傾向を仮定し,労働力の再生産の費用を強調する労働供給の理論である。R.マルサスやD.リカードが最も明確に定式化したように,賃金が生存水準(これをリカードは〈自然賃金〉と呼んだ)を超えると生存率が高まり,家族規模が大きくなる。…

※「subsistence theory of wages」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

subsistence theory of wagesの関連キーワード政治学史賃金学説リンク・セオリー・ホールディングスリンク・セオリー・ジャパン近代経済学認識論家事労働リターン老化理論力の統一

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone