コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

tapkar tapkar

世界大百科事典内のtapkarの言及

【アイヌ】より

…(1)ニウェンアプカシniwen‐apkas(荒い歩行) 村に異変が起こったとき,部落の長老を先頭に,男は太刀を抜きつらね,太い声で〈フオー・フム! フオー・フム!〉と叫び,女はその後につづいて杖をふりかざし,細くかん高い声で〈ホーイ! ホーイ!〉と叫びながら1列縦隊になって,魔を威嚇するため一歩一歩強く大地を踏みしめていく呪術的な踏舞行進である。(2)タプカルtapkar(踏舞) 酒宴の席上,興ようやくたけなわになるにおよんで,一座の長老たちがこもごも立って演じる所作で,両手を左右にのばし,てのひらを上に向けてひじを少し曲げ,それを静かに上下するとともに,一歩一歩力足を踏みしめながら斜め横に数歩進んで,再び同じ動作を繰り返しながら,もとの位置に復するものである。このとき,所作に合わせて〈サケハウ(酒声)〉と称する特有の調子の歌声を発する。…

※「tapkar」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone