コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

thermohaline circulation thermohalinecirculation

世界大百科事典内のthermohaline circulationの言及

【海洋大循環】より

…この場合,重要な役割を果たすのは海水の密度分布とその変化であり,海水の密度を決めるのはおもに温度(熱)と塩分と考えられるから,上記の風成大循環理論とは全く違った観点から大循環の成因を追求することになる。これを熱塩循環thermohaline circulation理論という。簡単に言うと海は低緯度で暖められ高緯度で冷やされるから,この温度差が大循環を保つエネルギー源になっているという説である。…

※「thermohaline circulation」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android