コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

type I conditioning typeIconditioning

世界大百科事典内のtype I conditioningの言及

【条件づけ】より

…これらはともに二つの過程の連合が重要で,古典的条件づけでは2種の刺激の連合が,道具的条件づけでは動物の反応とそれを基準とした強化刺激の連合が重要となる。
[古典的条件づけclassical conditioning]
 レスポンデント(応答的)条件づけrespondent conditioningまたは第I型条件づけtype I conditioningともいわれる。パブロフはイヌに唾液の分泌量を計測できるような手術(唾液瘻(ろう)の手術)を行い,唾液分泌を反応として,次の刺激を加えた。…

※「type I conditioning」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

type I conditioningの関連キーワード条件づけPCMCIA TypePostScript Type 1ソレアイト質マグマ型橄欖石玄武岩マグマ型台地マグマ型コンパクトカセットPCMCIAカードコンポジットフォント斑状中央マグマ型

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android