コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

van Noort,A. vanNoortA

世界大百科事典内のvan Noort,A.の言及

【ルーベンス】より

…父の没後,1589年一家はアントウェルペンに戻る。ルーベンスはラテン語学校に学び,貴族の小姓となるが,画家を志して2人の師匠(その1人は後にヨルダーンスの師となるファン・ノールトAdam van Noort(1562‐1641))を経た後,アントウェルペン屈指のロマニスト,ファン・フェーンOtto Cornelisz.van Veen(1556‐1629)に師事,98年同地の画家組合に加入した。修業時代から1600年にイタリアに赴くまでの最初期の作品はわずかしか知られておらず,しかも冷たくアカデミックな様式は,師匠ら16世紀フランドルのイタリア志向派と区別しがたい。…

※「van Noort,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

van Noort,A.の関連キーワードVANルーベンスヨルダーンスヨルダーンスファン・クレーフェ聖バーフ大聖堂付加価値通信網ボイセVAN法商用BBS

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android