コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

zadruga zadruga

世界大百科事典内のzadrugaの言及

【家族】より

…(3)複合家族制compound family 複数の既婚子が親と同居している多人数の家族で,父の死亡を契機として,既婚子夫婦ごとに分裂する傾向があり,拡大と分裂をくり返す。インドの高級カーストの合同家族joint family,中国貴紳階級の家父長家族,中東諸国の大家族,バルカン僻地(へきち)のザドルーガzadrugaなどにみられた。 家族形成のパターンは時代を越えて保持される傾向がある反面,構成の単純なパターンへ切り換えられていく面もある。…

【集落】より

…飛驒の白川村,越中の五箇山の大家族制に裏付けされた合掌造の族縁関係の強い集落は,第2次大戦後は民法が改正され戸主制度が廃止されたことと家屋の建築の様式の変化とによって急速に消滅への道をたどっている。バルカン山中の長老ゴスポダールgospodarのもとに共同祖先から出た部族的共同生活を営むザドルーガzadrugaもこの種のものである。また,アイルランドのクラッヘンも同族によって構成されている場合が多い。…

【バルカン】より

…バルカン社会の共通性は生活様式,風俗習慣,精神文化と物質文化の諸領域に見いだされ,それは言語生活の領域にまで及んでいる。 まず生活様式の基本にある家族制度では,19世紀まで存続したセルビアのザドルーガzadrugaと呼ばれる大家族制度の例がよく知られているが,一般にバルカン諸地域の家族,氏族,氏族連合,部族のあり方には多くの類似性が指摘されており,中近世を通じて家父長的性格の強い大家族や部族が社会集団として機能しつづけたことがその特徴としてあげられる。また一つの村落が共通の祖先の名で呼ばれ,村落全体が擬制的な同族集団の形をとっていることもバルカンの村落の特徴とみなされている。…

※「zadruga」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android