宁可

中日辞典 第3版の解説

宁可
nìngkě

[副]((二つの事柄の利害得失を比較して“宁可”の後で述べるやり方を選択することを表す))▶通常,述語の前に用いるが,主語の前に用いることもできる.

1 (“~……也不……”の形で)むしろしても(…しない).

~我多干点儿,也不能累着lèizhe你/私が少し余計にやってでも,あなたには苦労をかけない.

2 (“与其yǔqí……~……”の形で)(…するよりも)むしろするほうがいい).

与其在这儿等出租汽车chūzū qìchē,~坐地铁去/ここでタクシーを待つよりも,むしろ地下鉄で行ったほうがよい.

3 (“~……也要……”の形で)…してでも(…をやり遂げる).

~少睡点儿觉jiào,也要把这篇文章写完/むしろ睡眠時間を少し縮めてでも,この文章を書き上げなければならない.

4したほうがよいむしろする.▶選択するほうのみを取り上げ,もう一方は言わないことがある.この場合,“的好”を文末につけることがある.

我们~警惕jǐngtì一点的好/われわれは用心するにこしたことはない.

宁可:宁愿nìngyuàn

“宁愿(=宁肯nìngkěn)”は選択される事柄が自らの願望に基づく行動である場合に限る.そうでない場合は“宁可”しか用いない.

宁可〔宁愿〕多检查几遍,也不可出现一点儿差错chācuò/たとえチェックする回数を増やしてでもミスが出ないようにすべきだ.

宁可〔×宁愿〕长年chángnián无灾情zāiqíng,不可一日不防备fángbèi/たとえ一年中天災がなくとも,防備は1日も怠ってはならない.

出典 中日辞典 第3版中日辞典 第3版について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android