科甲

中日辞典 第3版の解説

科甲
kējiǎ

[名]科挙.▶漢・唐二代には,科挙により官吏として選抜した人員を甲・乙などの科に分けたため.

~出身/科挙に合格して登用された官吏.

出典 中日辞典 第3版中日辞典 第3版について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android