Yahoo!辞書

kotobank > たったとは

 

たった 【タッタ】

  • 1件の用語解説(たったで検索)

デジタル大辞泉の解説

たった 【たった】
 
[副]《「ただ(唯)」の音変化
数量が少ないことを強調するさま。わずか。ほんの。「出発まで―1時間しかない」「―の100円だ」
ごく近い過去を強調するさま。「―こないだのように思っていたけれど」〈三重吉・桑の実〉
ひたすら。いちずに。「―説かせませ」〈狂言記・宗論

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たったに近い言葉→たった今|たった一人の海賊|タッターの文化財|角に建った家|鷲は飛び立った|ったっけ|海を渡った愛と殺意|サダカ・アッタタッウー|タッタソール|唯今

たったの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「たった」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ